MENU

【家庭教師のトラコ】原作は漫画?ネタバレ最終回と結末までのあらすじ

家庭教師のトラコ ネタバレ

【家庭教師のトラコ】原作は漫画?ネタバレ最終回と結末までのあらすじ

7月スタートの橋本愛さん主演の水曜ドラマ「家庭教師のトラコ」。

主人公であり謎の家庭教師役・根津寅子(26歳)を演じるのは橋本愛さん。

ドラマ「家庭教師のトラコ」は原作漫画のない、脚本家・遊川和彦さんによる完全オリジナル作品です。

合格率100%の伝説の家庭教師トラコが3組の母子を個別指導する様子のネタバレを最終回まで詳しく紹介します。

3組の問題を抱えた年齢も全く違う親子に対し、トラコは勉強以外に大切な「あること」を教えます。

今回は、ドラマ「家庭教師のトラコ」の最終回までのネタバレと結末予想をお届けします。

【家庭教師のトラコ】キャスト相関図はこちら>>

目次
スポンサーリンク

【家庭教師のトラコ】は原作漫画なしのオリジナル作品!脚本家は遊川和彦

ドラマ「家庭教師のトラコ」の原作や脚本家について調べてみました。

【家庭教師のトラコ】は原作漫画なしのドラマオリジナル脚本

ドラマ「家庭教師のトラコ」は完全ドラマオリジナル脚本です。

よって原作となる漫画や小説はありません。

しかし家庭教師のトラコのビジュアルがメリー・ポピンズに似てることや、タイトルが「家庭教師のトライ」に似ていることから、モデルとした情報はあるかもしれませんね。

【家庭教師のトラコ】の脚本家情報

ドラマ「家庭教師のトラコ」の脚本家は遊川和彦さんです。

脚本家・遊川和彦さんは松嶋菜々子さん主演の最高視聴率40%超えのヒット作「家政婦のミタ」を生み出した脚本家。

また今回「家庭教師のトラコ」のプロデューサーは、「家政夫のミタ」でもコンビを組んだ大平太プロデューサーです。

遊川和彦さんと大平太さんが再びコンビを組む最新作となります。

脚本家遊川和彦さんのプロフィールと経歴
  • 東京都生まれの脚本家兼映画監督
  • 1955年10月24日生まれ(66歳)
  • 広島大学政経学部卒業
  • 主な作品「家政婦のミタ」、「過保護のカホコ」、「同期のサクラ」、「となりのチカラ」、「35歳の少女」

遊川和彦さんコメント

女優、橋本愛は今ぼく達の想像以上のスピードで成長している気がしてなりません。そんな彼女の演じる「家庭教師のトラコ」は、まるで真夏の太陽のような強烈さと、草原を吹きぬける風のような爽やかさと、真夜中の海のような底知れぬ謎を秘めて現れます。そして最後には、このドラマを見てくださった人誰もが、トラコにまた会いたくて、そばにいたくて、離れたくなくて、空を見上げ「トラコー!」と叫ばずにはいられなくなる、そんな物語になればと思っています。

家庭教師のトラコ公式サイト

【家庭教師のトラコ】ネタバレとあらすじを最終回まで!

「家庭教師のトラコ」ネタバレ最終回まで1話から一挙紹介!

【家庭教師のトラコ】1話ネタバレとあらすじ

1話ネタバレ

  • 放送後追記します
1話の詳しいあらすじ

放送後追記します

【家庭教師のトラコ】2話ネタバレとあらすじ

2話ネタバレ

  • 放送後追記します

【家庭教師のトラコ】3話ネタバレとあらすじ

3話ネタバレ

  • 放送後追記します

【家庭教師のトラコ】4話ネタバレとあらすじ

4話ネタバレ

  • 放送後追記します
スポンサーリンク

家庭教師のトラコ】のネタバレ最終回と結末予想!

ドラマ家庭教師のトラコ」の結末はどうなるのでしょうか?

「家庭教師のトラコ」の公式ホームページによると、現段階で主人公の橋本愛さんは第2話まで台本を読み進めたそうですが、結末については知らないようです。

いつもは結末から逆算して取り組むことが多いのですが、今回は先が見えない。自分で道をつくって、開拓していく新しいチャレンジです。

引用元:スポーツ報知

脚本家である遊川和彦さんがまだ台本を渡していないのか、まだ未完成の物語であるのか。

主人公の橋本愛さんですら結末を知らない状況にあります。

現在放送前で分かっている情報といえば、「家庭教師のトラコ」は合格率が100%である伝説の家庭教師だということ。

そしてトラコは3組の母子の受験を指導することです。

トラコが指導に当たる子供と母親の家庭状況はこちら。

  1. 娘を小学校受験させる30代のワーキングママ(中村真希36歳・知恵6歳)
  2. 中学受験する息子を育てる40代のシングルマザー(下山智代42歳・息子12歳)
  3. 有名大学進学を目指す息子がいる富裕層の後妻である50代の母親(上原里美50歳・守17歳)

それぞれの結末や合格するのかどうかについて考えていきます。

①中村真希と知恵の結末は合格する?

  1. 娘を小学校受験させる30代のワーキングママ

この母娘に家庭教師をするトラコ。

母親の中村真希はバリバリ働くワーキングママです。

一人娘の知恵の将来を案じ、超有名私立小学校に合格させることしか頭にありません。

正義感もあり自分が一人で家庭を支えていると思っていることから、自分の考えがいつも正しいと思っている母。

しかし受験する娘・知恵本人は「どうして勉強しなくてはならないの?」という気持ちが根底にあります。

未来のことばかり不安視し、今の娘とは全く向き合っていない母親・中村真希に対し、知恵の「今」を見つめるなトラコの指導が描かれるのではないでしょうか。

②下山智代と息子の結末は合格する?

  1. 中学受験する息子を育てる40代のシングルマザー

この母子は底辺で喘ぐバツイチママと小学生の息子です。

下山智代は大雑把な性格であり、小さな居酒屋を一人で切り盛りしています。

息子は「超難関私立中学に進学したい」という夢があるにも関わらず、お金がない状況では何も叶えることができません。

下山智代は自身も親が残した定食屋を継いだことにより、夢を諦めていました。

「夢を持ってはいけないのか」と考える息子とともに自分の夢を取り戻す日が来るのでしょうか?

息子は夢を諦めず超難関私立中学に合格することで夢を掴むことができるのかトラコの指導に期待です!

③上原里美と守の結末は合格する?

  1. 有名大学進学を目指す息子がいる富裕層の後妻である50代の母親

最後は人口の上位3%しか入れないと言われる超富裕層であるにも関わらず、自分の居場所がない50代の後妻ママと息子です。

上原里美ホステス時代、妻子持ちの銀行家の愛人となって守を出産した後は、守を一人で育ててきました。

その後上原里美は超富裕層である上原家の正妻になることになりますが、元ホステスということもあり家での居心地は最悪です。

自分の息子・守(17)に絶対に東大に合格してもらうことで家族を見返してやりたいと思っている野心家の母親。

そんな母親を見つめる守は、果たして東大合格を掴むことができるのか。

家庭内のいじめをなくすことができるのか、トラコの指導に期待ですね。

家庭教師のトラコ】ネタバレ最終回と結末予想まとめ

今回は、7月スタートの橋本愛さん主演のドラマ家庭教師のトラコ」のネタバレを1話から最終回まで紹介し、結末を予想しました。

遊川和彦さん脚本のドラマということで注目を浴びている今作品。

最終回の結末まで展開が楽しみですね!

新しい情報が入り次第追記して行きますので、放送開始をお楽しみに!

スポンサーリンク

目次
閉じる