MENU

すずめの戸締りに批判殺到?評価は微妙でつまらないの口コミも

すずめの戸締り 批判

すずめの戸締りに批判殺到?評価は微妙でつまらないの口コミも

新海誠監督の新作「すずめの戸締まり」が2022年11月11日全国公開されることが決まりました。

それが発表されるやいなや、様々な意見や口コミがSNSを飛び交いました。

その中でもすでに微妙だとかつまらないなど、批判が殺到しているという噂があります。

まだ公開前なのになぜ批判が殺到しているのでしょうか。

ということで今回は、すずめの戸締りに批判殺到?評価は微妙でつまらないの口コミも含めて調べてみました。

目次
スポンサーリンク

すずめの戸締りに批判殺到?つまらない?


2022年11月11日全国公開が決定している「すずめの戸締り」。

今回も新海誠監督特有の世界観が見られそうなビジュアルですよね。

「すずめの戸締り」のどんなところに批判が殺到しているのでしょうか。

調べたところ、予告編や一部キャストの発表などに合わせて「つまらない」などといった批判的なコメントがどんどん増えているようです。

批判の原因も含めて、その大きな反響の中からいろいろな意見を集めてみましたので紹介します。

すずめの戸締りの評価は微妙でつまらなさそう?


批判されているポイントは、新海誠監督のこれまでの作品と設定が似ている点のようです。

他の意見も合わせてまとめると、

新海誠監督のこれまでの作品との類似点
  • 少女が主役(またはメイン)である。
  • 災害などがテーマになっている。
  • 水や空などの自然描写が多めである。

批判の理由は、似たような特徴が何度か繰り返され「またか」と思ってしまうみたいなのです。

こんなスケールの大きいテーマではなく、コンパクトに凝縮したものを見たいという意見もありました。

過去の作品で言えば、「言の葉の庭」や「秒速5センチメートル」みたいな内容ということかもしれませんね。

他にも、特殊能力を使うパターンや時空を超えるなどの設定も共通した特徴です。

これに関してもやはり「またか」という意見が見られました。

微妙


確かに「星を追う子ども」は主人公の少女が別世界の果てまで冒険するというストーリーでしたね。

ファンタジーの要素としても「すずめの戸締まり」にかなり近いものが感じられます。

他にも、SNSでのコメントを集めてみました。

つまらなさそう


予告編が短いので判断材料が少なすぎるのかもしれません。

そのことがちょっと不満に思ったりもやもやしたりする原因にもなっているようです。

ただ新海誠監督の作品の特徴として、風景描写の美しさや緻密さは切り離せないほど代表的なものです。

監督自身思春期に自然の美しさに救われた経験があり、それが原風景となっているのだと思います。

世界観が似てる、キャラクターや設定がワンパターンなどの意見もあるのは確かです。

でもそれは、新海誠監督の作品に共通する特徴ととらえるものではないかと思います。

若い主人公と美しい風景、印象的な音楽が総合的な作品となって高い評価を得ているのではないでしょうか。

では次は、批判ではなく期待の声をいろいろ集めてみました。

楽しみです!

早くも人気を集めているキャラクターがいますね。

他にはこんな意見もありました。

果たして本作に「君の名は。」や「天気の子」のキャラクターのカメオ出演はあるのか

Twitterより

天気の子に出てきたキャラクターは、「すずめの戸締まり」に出てきますか?

Twitterより

言の葉の庭以来、各作品のキャラクターが他の作品にゲスト出演されていますが、すずめの戸締まりでも過去作品のキャラクターの出演はありますでしょうか?

Twitterより

「天気の子」以前の作品のキャラクターが登場するのでは?と期待する声がかなり見られました。

ディズニー映画などでも隠れキャラを見つけると嬉しくなりますよね。

ストーリーとは別に、いろんな見方があるのも新海誠作品の楽しみの一つです。

スポンサーリンク

すずめの戸締りに批判殺到についてまとめ

今回はすずめの戸締りに批判殺到?評価は微妙でつまらないの口コミもということで調べてみました。

公開前の作品で情報量も少ないので、なんとなくまた同じ感じなのかとがっかりしてしまったかもしれません。

批判の声もありましたが期待する声もたくさんあって、いつもながらその注目度の高さがうかがえました。

映画が公開されたらまた評価が分かれるかもしれませんが、話題をさらうのは間違いありません。

小説すずめの戸締まりも発売され、出版の方でも盛り上がってきていますよね。

今後他のキャラクターや声優さんなどもどんどん発表されて、ますます公開が待ち遠しくなります。

美しい映像を大きなスクリーンでぜひ!

スポンサーリンク

目次