MENU

【寂しい丘で狩りをする】5話ネタバレと視聴率!敦子(久保田紗友)が反撃?

寂しい丘で狩りをする 5話ネタバレ

【寂しい丘で狩りをする】5話ネタバレと視聴率!敦子(久保田紗友)が反撃?

倉科カナさん主演の女性を欲望のままに苦しめる男たちへの復讐を描いたドラマ作品「寂しい丘で狩りをする」。

今回は、ドラマ「寂しい丘で狩りをする」第5話ネタバレと視聴率、感想についてまとめました。

キャスト相関図  原作ネタバレ

▼寂しい丘で狩りをする独占見逃し配信中

動画配信サービス【Paravi(パラビ)】
動画配信サービス【Paravi(パラビ)】
目次
スポンサーリンク

【寂しい丘で狩りをする】5話ネタバレ

ドラマ「寂しい丘で狩りをする」5話ネタバレです。

みどり(倉科カナ)の計画

桑村みどり(倉科カナ)は久我健二郎(竹財輝之助)を海に突き落としたところを押本忠夫(丸山智己)に見られていた。

警察に黙っている代わりに野添敦子(久保田紗友)の居場所を教えろと迫られるが、とぼけるみどり。

警察に言っても良いが、警察は前科者である押本と探偵である自分のどちらを信じるのか目に見えていると開き直るみどりに、押本は何も言い返せなくなる。

脅しているところを人に見られたことで、押本は何もせずみどりの前から立ち去った。

みどりは感じていた。

一度狩る側に立った者は、ずっと狩り続けなければならないと。

そしてみどりはすぐに押本の後を追う。

押本は居酒屋に入るが、トイレへと立った隙にみどりは押本のコートにGPSを仕掛けた。

後日みどりは敦子の入院先へ行くと、敦子にもGPSを付けてもらう。

押本と敦子の二人が接触しないようにみどりが監視するためだ。

GPSを付けた敦子はニュースで事件化していた久我健二郎(竹財輝之助)についてみどりに訪ねた。

みどりは敦子に久我との関係は恋人同士ではなく、普通ではない関係であったと真実と話す。

みどりは敦子と全く同じ過去を持っていたのだ。

同じ痛みを経験していたことが分かり、手を握り合う二人。

同じ頃、警察は久我が失踪する直前に車に同乗していた女性を見つけていた。

そこに写っていたのは桑村みどり。

写真を目にした浅野龍平(平山浩行)は絶句する。

探偵事務所では、所長の岡庭正(高橋英樹)も久我が失踪したニュースを知り、みどりに事情を聞いていた。

真実を話さないみどりに、岡庭は何かを感じているようだが何も言わない。

押本はというと、未だに警察に追われながら執拗に敦子を追っていた。

敦子の部屋へ再び侵入すると、押本は遂に敦子の居場所となる住所を発見する。

一方みどりは過去に押本の弁護をした桂光子(藤田弓子)に会い、押本が敦子を襲ったきっかけについて事細かに聞いた。

押本はみどりが優しく話してくれたのを好意と勘違いし、その後拒絶されたことを裏切りと感じたのだ。

身勝手すぎる理由に腹をたてるみどり。

敦子(久保田紗友)の反撃

敦子の入院先には浅野が面会に来ており、押本を全力で追っているから安心するようにと話す。

浅野は敦子に何故みどりの側にいるのかと聞くと、同じ痛みを経験した同士、共鳴したからだと答える。

押本からずっと逃げるだけだったが、みどりと出会ったことで自分は変わって来たと話す敦子。

浅野もまた、みどりと出会えたことに感謝していると言うが、みどりがあまりに強いためその強さが暴走してしまうのではと心配していると話す。

その後みどりは遂に、写真が決め手となり警察に任意同行を求められてしまう。

警察についたみどりは浅野と顔を合わせたが、お互いに知らないふりをして部屋に入った。

一緒に車に乗っている写真を見せられるが、みどりは久我と別れた後のことは知らないと答えた。

任意であるからこれ以上話すことはもうないと、みどりは警察を後にする。

一方入院先で一人残された敦子の携帯にかけて来たのは押本だった。

電話を切るな。切ったらみどりは破滅すると脅される敦子。

みどりは警察からの帰り、敦子から留守電が入っていることに気がつく。

今度はみどりを私が守るとの伝言に、慌ててGPSを確認すると押本と敦子は接近していた。

二人が落ち合った場所は、7年前に敦子が押本に襲われた場所だ。

敦子は押本に話があると勇気を出して話し始める。

7年前のあの時、勘違いをさせてしまって申し訳なかったと。

だからみどりのことは警察に話さないでくれと。

押本は言う。

7年間、お前に地獄を見せるためだけに生きて来た。

そんなにみどりが大切なら、二人まとめて破滅させてやると脅す押本に、みどりは刃物を向けた・・・。

「寂しい丘で狩りをする」6話ネタバレ>>

【寂しい丘で狩りをする】5話の視聴率

ドラマ「寂しい丘で狩りをする」第五話は放送前です。

地上波で放送され次第、視聴率を追記します。

尚、ドラマ「寂しい丘で狩りをする」はParavide3月18日に独占先行配信されました。

スポンサーリンク

【寂しい丘で狩りをする】5話の感想

みどりが過去に敦子と同じ苦しみを体験していたことが分かり、手を取り合い戦うことを決めた二人。

敦子に押本と戦えなんてみどりは思っていなかったけど、敦子はみどりに勇気を貰ったことにより押本と戦うことを決めました。

前科者の男と戦うなんて、無謀過ぎる。

でも警察なんて全く役に立たない・・・

何が「安心して下さい」だ!

警察総動員しても押本を捕まえることさえできていないのに、無責任に言われる側の気持ちを想像するだけでも悔しいですね。

浅野はみどりのことがあるから押本の件も協力的であるだけであって、みどりのことが無かったらここまで敦子に協力的だったかは疑問です。

浅野は刑事として素敵だけど、ここでの「安心して」発言はちょっと無神経だなと思いました。

敦子がみどりを守るために立ち上がり、押本へ会いに行くシーンは久保田紗友さんの決意に満ちた表情がすごい。

守りたいものがある時って、女性でもこんなに強くなれるんですね・・・。

本当ならば、男性や警察が女性たちを守って欲しかったと願ってしまいました。

【寂しい丘で狩りをする】5話ネタバレと視聴率・感想まとめ

今回は、「寂しい丘で狩りをする」第5話ネタバレと視聴率・感想についてまとめました。

次回は予告動画でみどりが倒したはずの久我が現れるなど、まだまだ波乱がありそうな予感です。

次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

目次
閉じる