MENU

【六本木クラス】2話ネタバレ!ドラマと原作のあらすじ内容を比較

六本木クラス 2話ネタバレ

【六本木クラス】2話ネタバレ!ドラマと原作のあらすじ内容を比較

本記事は、ドラマ「六本木クラス」2話のネタバレ記事になります。

ドラマ「六本木クラス」第2話は放送前になります。
それまで「六本木クラス」原作2巻のあらすじをお楽しみ下さい! 
↓原作漫画2巻のネタバレまでジャンプする

亡くなった父親の復讐を誓い、絶対権力者に立ち向かう宮部新の復讐劇がスタートです!

ドラマ「六本木クラス」原作ネタバレと結末(全話あらすじ)>>

目次
スポンサーリンク

【六本木クラス】ドラマ2話あらすじとネタバレ

ドラマ「六本木クラス」2話は放送前です。

「六本木クラス」のドラマ2話が放送され次第あらすじ内容をネタバレしますのでお楽しみに!

【六本木クラス】ドラマ2話の感想

ドラマ「六本木クラス」2話の感想は放送終了後に追記します。

スポンサーリンク

【六本木クラス】ドラマ2話の原作漫画ネタバレ(2巻)

ここからは、「六本木クラス」原作2巻のあらすじをお楽しみ下さい! 
(収録話10話〜18話)

【10話】

麻宮葵(あさみや・あおい)はフォロワー76万人を持つインフルエンサー。

NYからの帰国子女で、スポーツ万能・IQ162の天才少女だ。

相手が政治家であろうが麻宮葵は態度を変えない。

麻宮葵は社会病質者(ソシオパス)だった。

【11話】

麻宮葵は区長を殴ったことで教師から叱責されていた。

自分を正しいと思っている麻宮葵は謝らない。

さらに生徒より自分を守るために偽善者のふりをする担任に向かって暴言を吐く。

止まらない麻宮を止めたのは同級生の龍二(金城龍河の弟)だった。

龍二は夜、六本木のクラブに行くことになっており麻宮は付いて行くことにした。

【12話】

JGグループでは、楠木優香は部長になっていた。

金城グループの息子・龍河は赤字続きの六本木店から担当を外されることになり、代わりに楠木が担当することになる。

一方龍二は麻宮とバイクに乗って六本木に向かっていた。

実は龍二の乗っているバイクは、兄である龍河から譲り受けたあの事故車であった。

龍河が過去に新の父親を弾いたバイク。
龍河はメンテナンスをしたと嘘を付き、弟の龍二に譲っていた。

ブレーキが効かず、人混みに突っ込みそうになったが龍二はなんとかバイクを止める。

しかし後ろに乗っていた麻宮は吹っ飛んでしまい、それを偶然にも新がキャッチする。

【13話】

麻宮を助けた新には外傷は無かったものの、新は過労がたたってそのまま倒れてしまう。

病院で目を覚ました新。

紙のチラシを配っていた途中だった新を見て、麻宮は今時まだ紙のチラシで宣伝しているのかと言う。

紙以外の宣伝方法を知らない新は麻宮にSNSを使っての宣伝方法を聞き、お礼を言った。

今回事故したことを悪いと思っているならと、新はOPENする自分の店のチラシを二人に渡して病院を去る。

麻宮はお礼を言われたことに心が少し揺れたが、新が帰ったあとチラシを破り捨ててしまう。

【14話】

麻宮葵は幼少期の経験から、ソシオパスの可能性があると言われていた。

自分が一番になるためなら人をも蹴落とす。

そうやって勉強面でも運動面でも常にトップをとって来ていたが、

この一位を取る戦いには終わりがないことに葵は気が付いていた。

麻宮葵が全力でクラブで踊る姿を見て、龍二は自分の葵に対する恋心を自覚する。

【15話】

新が六本木にオープンした居酒屋「ハチミツザナイト」には中々客が集まらずにいた。

一方麻宮葵と龍二はJGグループの六本木店「興屋」に来ていた。

しかし龍二と麻宮が未成年であることがバレると店から追い出されてしまう。

そして二人が向かったのは新の店・ハチミツザナイトだった。

【16話】

新の店にやってきた龍二と葵。

新は店員の一人・内山亮太に年齢確認をきちんとするようにと頼み、他の店の偵察に行く。

亮太が年齢確認をすると葵は偽物の免許証を提出した。

その免許証が偽物だということは明らかだったが、亮太は客を入れるために見なかったことにしてしまう。

新は六本木の道端で偶然楠木優香と出会った。

優香は新の店に先ほど追い出した未成年の二人がいることを見かけると、こっそりと警察に通報してしまう。

優香はJGグループの金城から新の店の営業を邪魔するように頼まれていた様子

一方新がハチミツザナイトに戻ると、客の一人が亮太に向かって”バイト君”とタメ口を使ったことに対して怒りを露わにする。

【17話】

実は亮太は新と同じ刑務所にいたのだった。

亮太は過去に入っていた組の命令で暴行事件を起こし、服役中に新と出会う。

新は服役中にも前向きに勉学に励んでいたが、当時の亮太はそれを否定していた。

亮太は一度前科が付いたものには未来はないと思っていたのだった。

【18話】

7年後、亮太は出所しても相変わらずの生活をしていたが新は努力を続けていた。

同じ状況から同じ時間を与えられたはずなのに、一方では夢を叶え一方では何も変わっていない男。

亮太は新の元で働くことを決め、人を殴っていた拳を封印した。

だから客から「バイト君」とタメ口を使われようと全く動じなかったのだ。

しかし新は自分の仲間が傷つけられたことに対して怒りを露わにしてしまったことで、客から胸ぐらを掴まれてしまう。

恩人が目の前で自分を守ったことで窮地に立たされてしまった姿を見た亮太は頭に血がのぼり・・・

【六本木クラス】3話ネタバレ>>

【六本木クラス】2話のドラマあらすじとネタバレまとめ

今回は、ドラマ「六本木クラス」の2話のあらすじをネタバレしました。

次回の展開も楽しみですね!

スポンサーリンク

目次
閉じる