MENU

【六本木クラス】1話ネタバレとあらすじ!父親死亡で竹内涼真の復讐劇が始まる

六本木クラス 1話ネタバレ

【六本木クラス】1話ネタバレとあらすじ!父親死亡で竹内涼真の復讐劇が始まる

ドラマ「六本木クラス」1話が7月7日(木)21時から放送されました。

いよいよ始まった梨泰院クラスの日本リメイク版六本木クラス。

亡くなった父親の復讐を誓い、絶対権力者に立ち向かう宮部新の復讐劇がスタートです!

今回は、ドラマ「六本木クラス」の1話ネタバレと感想を紹介します。

↓原作漫画1巻のネタバレまでジャンプ

↓↓↓

\2週間無料で視聴できる/

目次
スポンサーリンク

【六本木クラス】ドラマ1話ネタバレとあらすじ

ドラマ「六本木クラス」1話ネタバレとあらすじです。

新は転校初日で退学になり父親も退職!波乱の幕開け

高校3年生の宮部新(竹内涼真)。

早くに母親を亡くし、父親の信二(光石研)と2人で暮らしていた。

信二が長屋ホールディングスの本社へ栄転することに伴って、新は転校することに。

転校先の明城高校の同じクラスには、前日に信二が何かと気にかけていた養護施設の楠木優香(新木優子)や、長屋ホールディングスの息子で後継の長屋龍河(早乙女太一)がいた。

龍河はクラスメイトの桐野雄大(矢本悠馬)をいじめており、新は桐野を守るために龍河を殴ってしまう

校長室に呼ばれた父親の信二と長屋ホールディングスの会長・長屋茂(香川照之)。

長屋茂は退学をさせない代わりに、殴られた息子に対して土下座して謝ることを要求

しかし父の教えを守った新は土下座よりも退学を選んだ。

父親の信二も新を庇い、長屋ホールディングスを退職することになる。

父親信二が死亡!殺した犯人は龍河

退学後、優香と仲良くなった新。

父親の信二は居酒屋みやべをオープンするために開店の準備に忙しくしていた。

しかしオープンを翌日に控えた前日、信二は仕入れの帰り道に何者かによって轢かれて亡くなってしまう

出頭してきた男は新が知らない男だった。

しかし優香は証拠となった車が龍河の車だったことに気がついてしまう。

父親を知った犯人が龍河だと知った新は龍河をボコボコに。

龍河を殺そうとする新だったが、優香と警察が止めに入ったことで新は警察に捕まってしまう

長屋茂は龍河が犯人であることを隠蔽し、証拠を握る優香にも口止めをさせる。

そして裁判の結果、新は懲役3年の実刑判決を受けることになった。

ドラマ「六本木クラス」原作ネタバレと結末(全話あらすじ)>>

【六本木クラス】ドラマ1話の感想

六本木クラス第1話は、かなり原作に忠実にリメイクされた印象があります。

また主題歌も梨泰院クラスの日本語版ということで、梨泰院クラスを彷彿とさせるシーンがいくつもあり話題を呼びましたね。

六本木クラスのドラマ化には様々な感想が寄せられているので紹介します。

六本木クラスのキャスト相関図はこちら>>

スポンサーリンク

【六本木クラス】ドラマ1話の原作漫画ネタバレ(1巻)

ここからは、「六本木クラス」原作1巻のあらすじをお楽しみ下さい! 
(収録話1話〜9話)

【1話】

主人公で高校3年生の宮部新(みやべ・あらた)は父親の転勤の都合で田舎に引っ越してきた。

父親は国内最大手の外食企業JGグループの社員である。

引っ越してきた初日、アパートの隣人で新と同じクラスの楠木優香(くすのき・ゆうか)と出会う。

新の転校先の高校には金城龍河(かねしろ・りゅうが)と言うJGグループ会長の息子も在籍していた。

自分の地位を武器に金城はやりたい放題だが、注意する者は誰もいない。

新は自分を神だと正当化して同級生をいじめる金城の顔面を正拳突きし、在籍たった5分で退学になった。

【2話】

新が校長室で罰を受けているところに、金城の父親であるJGグループの会長が入ってきた。

新の父親も一緒である。

会長は新に退学までは求めていないと恩を売る代わりに、うちの息子に土下座して謝罪をしろと要求する。

新は目の前で生徒がいじめられているのに黙認する教師と、特定の人物が優遇されている事実を目の当たりにし

見て見ぬ振りはできなかった、悪いことはしていないから謝罪はできないと断る。

黙って聞いていた新の父親もそれに同意したことで、父親は20年勤めたJGグループを退職することになった。

【3話】

新が退学になり、父親は退職。帰り道に二人で飲んだ酒はとても甘かった。

退学になった後同じクラスの楠木優香は新に対してよそよそしかったが、ある時一緒に川を見に行くことになる。

川を見ながら優香は将来東京に行くのが夢だと新に話した。

新が殴った金城の近況を聞くと、怪我はすっかり治りバイクを乗り回していると聞き新はホッと胸を撫で下ろす。

一方新の父親は市内にラーメン店を開業して充実した毎日を過ごしていた。

しかしある晩、新の父親は夜道で金城のバイクと衝突し亡くなってしまう。

【4話】

最愛の父親が亡くなり心にポッカリと穴が空いてしまった新。

加害者が自首してきたが、加害者と名乗る男は新が全く知らない男で、さらに示談を要求してきた。

しかし一緒にいた優香がバイクが金城の物であることに気がつくと、

新は鬼の形相で金城の元へ向かう。

【5話】

新は金城を見つけると殴りかかって殺そうとした。

しかし間一髪のところで警察が到着する。

実は警察も、金城会長が息子の事故を揉み消したことを薄々気がついていたのだ。

新の父親はこんなやつのために新が人生を棒に振ることを望んでいないと優香は言い、

それを聞いて大人しくなった新は捕まり、懲役3年の刑を受けることになる。

【6話】

新の刑務所にわざわざ金城会長が足を運び、新に挑発をする。

信念など、弱い者が己を正当化するために使う言葉だと。

金城の息子・龍河は自分の罪を認めていたが、金城会長は龍河を言いくるめて無かったことにしてしまう。

金城会長は新が龍河とは違い器の大きい男だということは気がついていたが、

新が生まれた場所が”家畜”であるため、”人間”として生まれた龍河は家畜に対して同情するなと言う。

【7話】

新の刑務所に優香が面会に来ていた。

優香は金城のJGグループで働くことになったのだと言う。

優香は新が龍河を襲った時に、龍河が被害者だったと法廷で証言したことでJGグループの仕事を得たのだと。

自分が情けないと言う優香だったが、新は自分を止めてくれた優香に感謝をしていた。

そして新は「復讐」と言う新たな夢を見つけ、早く刑務所から出たいと思うのであった。

【8話】

模範囚で刑期を短縮した新は無事に2年で刑務所を出所した。

新は居酒屋で父親と酒を飲んだことを思い出しながら酒を飲むが、あの時と違って苦く感じるのだった。

新の父親は新の為にお金を貯めていてくれており、死亡保険と含め新には2600万程の大金があった。

新は新たな人生を始めるなら東京と決めており、六本木へと向かう。

【9話】

六本木で優香と再会した新。

優香は新が六本木で店をやりたいと思っている事を聞くが、現実的ではないと言う。

しかし7年後、新は本当に六本木で店をオープンまで漕ぎ着けた。

【六本木クラス】2話ネタバレ>>

【六本木クラス】第1話ネタバレとあらすじまとめ

今回は、ドラマ「六本木クラス」の1話のあらすじをネタバレしました。

たった一人の父親を亡き者にされたのに反省の色が全くない金城に対し、復讐を決意する新。

次回の展開も楽しみですね!

↓↓↓

\2週間無料で視聴できる/

スポンサーリンク

目次