MENU

【六本木クラス】11話ネタバレ!長屋会長の余命半年宣言で対決に決着?

六本木クラス 11話 ネタバレ

【六本木クラス】11話ネタバレ!長屋会長の余命半年宣言で対決に決着?

竹内涼真さん主演のドラマ六本木クラス第11話が9月15日に放送されました。

第10話では、フランチャイズ化を目指すも投資先に次々と断られ窮地に陥った宮部新と二代目みやべ。

さらには仲間だった龍二がかつての同僚りくのトランスジェンダーの過去を週刊誌にバラすというとんでもない切り札を使ってきて?!

料理対決の続きは?長屋茂の病気は?

今回は、六本木クラス第11話のネタバレと感想を紹介します。

↓↓↓

\2週間無料で視聴できる/

目次
スポンサーリンク

【六本木クラス】11話ネタバレ


ドラマ「六本木クラス」の11話ネタバレです。

料理対決の決勝の結果は?!

かつての仲間・龍二(鈴鹿央士)に自分のプライベートを暴露された綾瀬りく(さとうほなみ)。

しかし麻宮葵(平手友梨奈)から詩を送られ自信を取り戻したりくは、料理対決の決勝に臨むため会場に訪れる。

一段と強くなったりくが正々堂々と挑んだ料理「わたあめレモンソースかけの唐揚げ」で、二代目みやべは見事優勝を手にする。

そして傷ついたりくに対し声をかけ続けた宮部新(竹内涼真)たち「二代目みやべ」のメンバーはさらに結束を強めた。

長屋会長が後継者に龍二を選出

料理対決の結果に満足していない長屋茂(香川照之)ではあったが、楠木優香(新木優子)から龍二のやり方が茂に似ていると言われ微笑む。

そしてとうとう長屋会長が長屋ホールディングスの後継者に龍二を選出。

龍二はアメリカへ海外留学をすることになった。

しかし葵は今回のやり方が龍二らしくないと切り捨てるのだった。

4年後

いっときは投資家が離れていったものの、田辺弘子(倍賞美津子)の助けもあり「二代目みやべ」の経営は安定。

4年後ついに全国展開も現実となり始めた。

株式会社RCは大きく成長し、ビルを構えるまでになっていた。

長屋茂倒れる!余命半年!

4年後体調を崩した長屋茂は会社で倒れ、すい臓癌で余命半年だと宣告される。

出所した龍河も見舞いに訪れ、龍二は”早く次の会長を決めるべきだ”と会長に伝える。

長屋茂の余命が短いと知って新は「自分が罰を与えるまでは死ぬな」と電話をかけた。

葵が長屋ホールディングスの社外取締役へ

新は急いで長屋を会長から引きずり下ろすために葵を長屋ホールディングスの社外取締役に立候補させる。

長屋ホールディングスの社外取締役になるため、身を削って働き続ける葵をだんだんと意識するようになる新。

しかし新の気持ちに気がついた優香は自分を好きでいて欲しいと手を握りながら釘をさす。

二人が手を握り合う姿を見た葵はショックを受け、その場から逃げ出してしまった・・・

ドラマ「六本木クラス」ネタバレと結末(全話あらすじ)>>

【六本木クラス】11話感想


六本木クラスの11話感想です。

いよいよラストが見えてきた六本木クラス!

このまま長屋茂に復讐を終えることができないまま、茂は病気で亡くなってしまうのでしょうか・・・

スポンサーリンク

【六本木クラス】11話ネタバレまとめ

今回は、ドラマ「六本木クラス」第11話のネタバレと感想をまとめました。

残り2話のでいよいよ最終回を迎える六本木クラス!

次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

目次