MENU

【汝の名】3話ネタバレ!NAOTO(ナオト)がプレゼントした紫のバラの意味は?

汝の名 3話ネタバレ

【汝の名】3話ネタバレ!NAOTO(ナオト)がプレゼントした紫のバラの意味は?

山崎紘菜さんと北乃きいさんW主演で姉妹の復讐劇を描く話題作、ドラマ「汝の名」。

2話までは山崎紘菜さん演じる女社長・陶子の怪演が話題となりましたが、NAOTO(ナオト)演じる壱岐亮介との出会いで陶子の悪女っぷりは一遍します。

亮介との出会いで自分を変えたいと願う陶子と、陶子には絶対に変わって欲しくない久恵。

今回は、ドラマ「汝の名」3話ネタバレとして視聴率や視聴した感想を紹介します!

キャスト相関図  原作ネタバレ

▼「汝の名」独占見逃し配信中

動画配信サービス【Paravi(パラビ)】
動画配信サービス【Paravi(パラビ)】
目次
スポンサーリンク

【汝の名】3話ネタバレ!

ドラマ「汝の名」3話ネタバレです。

地上波放送前になりますので、詳しいネタバレや描写は省いていますのでご了承下さい。

壱岐亮介(NAOTO)との出会い

久恵(北乃きい)麻生陶子(山崎紘菜)の様子から、何かいいことがあったのではと勘付く。

実際、陶子は壱岐亮介(NAOTO)と出会ったことで気分が高揚していた。

陶子は新聞に目を通していると、自分が名前と戸籍を奪った女(長井短)が薬の影響で亡くなったことを知る。

陶子はこれがチャンスなのかピンチなのかが分からない。

しかし久恵は麻生陶子の名前が新聞には載っていなかったことから、これはチャンスでラッキーだと陶子を安心させる。

思わぬ励ましの言葉に、陶子は久恵が逞しくなったと感じた。

実は久恵は道端で助けた老人の家に通っていた。

久恵は老人に信用され、銀行でお金を降ろすことも任される仲になっていたのだ。

ある日壱岐亮介が陶子の人材派遣会社ETSに花束を持って現れる。

陶子から仕事の内容を聞いた涼介は、クライアントに夢を与える点が自分の仕事と似ていると言う。

紫のバラの花言葉

家に帰宅した陶子。

久恵は誕生日でもないのにクライアントから貰ったという花束に違和感を感じていた。

いつもはすぐに捨てるのに、紫のバラは珍しいから生けるようにと言われ、戸惑う久恵。

紫のバラの花言葉の意味が「尊敬」だと嬉しそうに話す陶子の姿は生き生きとしている。

しかしいつも通り河島から送られてくる衣装には興味も示さず陶子はあっさりと捨ててしまった。

恐る恐る薔薇は大事な人にもらったのかと聞く久恵に、陶子は大事なクライアントだと答える。

久恵は陶子が男にはまり、自分をいつか追い出すのかと想像すると目の前が真っ暗になった。

私も河村の服のように捨てられてしまうのかと。

思わず久恵は紫のバラを握り潰す。

久恵は自宅のポストに入っていた同僚からの手紙で、元婚約者と新しい女との間に子供が生まれることを知った。

またその同僚も、影では久恵の悪口を言っていたのだ。

さらに同僚の手紙には、自分自身も結婚するのだと。

陶子に続き、次々と幸せになっていく周りを見て何故自分が一人なのかと悲しむ久恵。

思わず久恵は陶子が涼介とデートする場を見にきてしまっていた。

目が合ったものの、見なかったふりをした陶子。

陶子は久恵を見てポツリと、もう要らないかな・・・・と呟くのだった。

陶子は自分自身の仕事に飽き飽きしていたが、亮介との出会いで仕事観が変わってきていた。

新しい事業がポンポン浮かぶ亮介に陶子は心を奪われる。

亮介と楽しいひと時を過ごし、家の前で亮介と別れた陶子。

浮かれる陶子の後ろ姿に魔の手が忍び寄る・・・。

ドラマ「汝の名」4話ネタバレ>>

【汝の名】3話の視聴率

ドラマ「汝の名」3話は地上波での放送前です。

地上波で放送され次第視聴率を追記します。

なお、ドラマ「汝の名」第3話はParaviとYoutubeで3月16日に先行配信されました。

スポンサーリンク

【汝の名】3話の感想

真っ黒な道を歩き続けてきた陶子にも、とうとう幸せの予感が・・・!

御曹司、壱岐亮介役のNAOTOさんがハマり過ぎて素敵ですね!

まっすぐな亮介に影響され、自分のグレーすぎる仕事に嫌気がさしてしまった陶子ちゃん。

1話と2話では目が釣り上がり男を手段としてしか見ていなかったのに、途端に恋する乙女全開になってしまいましたね。

一方明るく優しくなった陶子に対し、心穏やかではないのが北乃きい演じる久恵です。

久恵は善良なおばあちゃんの通帳を手に入れて何か悪いこと考えていそうだし、

紫のバラを握りつぶしちゃうところがあれ?以前の陶子が乗り移っているような・・・。

陶子への憧れや尊敬、愛情が自分が裏切られて見捨てられると感じ、一気に憎しみに方向転換します。

「愛情と憎しみは紙一重である」という言葉がうまく再現された紫のバラのシーンでした。

次回はもっと亮介と陶子の仲が深まることにより、久恵がとうとう悪い方向へと動き出すのか・・・。

久恵は陶子の服を鏡に当てる素ぶりとか、色々な伏線は1話や2話でもありましたが、ここから立場が逆転する様子が描かれると思うので期待大ですね!

【汝の名】3話ネタバレと視聴率・感想まとめ

今回は、ドラマ「汝の名」3話ネタバレと視聴率、視聴した感想についてまとめました。

NAOTOさんの登場により、3年間積み重ねてきた社長を演じる人生を陶子は手放してしまうのか・・・。

それとも久恵が陶子を誰にも取られないように動き出すのか!

第4話も楽しみです。次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

目次
閉じる