MENU

【純愛ディソナンス】ネタバレ最終回と結末予想!漫画原作あるのか脚本家は?

純愛ディソナンス ネタバレ 結末

【純愛ディソナンス】ネタバレ最終回と結末予想!漫画原作あるのか脚本家は?

7月からスタートするフジテレビ系木10ドラマ「純愛ディソナンス」のネタバレを最終回まであらすじとともに解説!

Hey!Sɑy!JUMPの中島裕翔さん演じる主人公・新田正樹(にった・まさき)が新任教師役を熱演!

吉川愛さん演じるヒロインの女子高生・和泉冴(いずみ・さえ)とのドロドロで禁断の純愛が描かれます。

原作のない完全オリジナル作品である今作品は、2つの時系列を舞台に物語が展開します。

5年後の二人はセカンドパートナーとして『男女の純愛』を育んでいくのか?

中島裕翔主演のドラマ「純愛ディソナンス」ネタバレ最終回と結末予想を一挙公開!

「純愛ディソナンス」相関図と登場人物一覧>>

目次
スポンサーリンク

【純愛ディソナンス】ネタバレとあらすじ

中島裕翔さん(Hey!Sɑy!JUMP)主演のドラマ「純愛ディソナンス」のネタバレとあらすじをまとめました。

1話ネタバレとあらすじ

1話「サブタイトル」

あらすじ
桐谷高校の新任の音楽教師としてやってきた新田正樹(中島裕翔)。
しかし校内では正樹の前任教師の失踪事件で揺れていた。
失踪したのは正樹の大学の先輩である小坂由希乃(こさか・ゆきの)。

出勤前夜に音楽室でピアノを弾いていた正樹は、ひょんなことから桐谷高校二年生の生徒・和泉冴(吉川愛)と出会う。
冴は正樹が副担任を務めるクラスの生徒だった・・・

ネタバレ

  • 放送後追記します

2話ネタバレとあらすじ

2話「サブタイトル」

あらすじ
放送後追記します

ネタバレ

  • 放送後追記します

【純愛ディソナンス】は漫画原作なしのオリジナル作品で脚本家は玉田真也

【純愛ディソナンス】は漫画原作なしのドラマオリジナル脚本

「純愛ディソナンス」は漫画や原作はなく、完全なるドラマオリジナル作品です。

脚本家情報(玉田真也・大林利江子・倉光泰子)

ドラマ「純愛ディソナンス」の脚本は玉田真也さん・大林利江子さん・倉光泰子さんの3名が担当しています。

脚本家氏名玉田真也
過去の主な
ドラマ作品
『JOKER FACE』
『アノニマス~警視庁指殺人対策室』
脚本家情報・玉田真也
脚本家氏名大林利江子
過去の主な
ドラマ作品
『ギルティ~この恋は罪ですか?~』
『江戸モアゼル
 ~令和で恋、いたしんす。~』
脚本家情報・大林利江子
脚本家氏名倉光泰子
過去の主な
ドラマ作品
『アライブ がん専門医のカルテ』
『うきわ』
脚本家情報・倉光泰子
スポンサーリンク

【純愛ディソナンス】ネタバレ最終回と結末予想

ドラマ「純愛ディソナンス」の最終回と結末を予想しました。

結末予想①新田正樹と和泉冴がセカンドパートナーとなる最終回

一つ目の結末予想は主人公の新田正樹と成人した和泉冴がセカンドパートナーとして関係をもつ最終回です。

セカンドパートナーとは”既婚者である男女の純愛”を意味します。

そこには体の関係を持たない心の結びつきが存在し、配偶者以外のパートナーとして新田正樹と和泉冴が深い結びつきを持つというものです。

実際新田正樹は和泉冴と出会った時は独身ですが、5年後は既婚者となっています。

高校生だった和泉冴は5年後成人し、正樹との恋愛に壁が無くなりますが実際は正樹には配偶者が。

よって二人の間に恋愛感情は存在するものの、決して一線を越えずに愛を育むセカンドパートナーとして生きていく選択をするという結末です。

結末予想②新田正樹と和泉冴が一線を超え不倫し破滅する最終回

新田正樹と和泉冴はお互いに恋愛感情を持ちつつも、先生と生徒という立場から一線を超えません。

しかし5年後、再び再開することによって二人の愛が再燃。

お互いの気持ちを抑えられなくなった二人は、いけないと分かっていてもついに一線を越えてしまい破滅に向かうという最終回です。

実際公式サイトにも、以下のように書かれています。

そして再会をきっかけに再び動き出した2人の微妙で繊細な関係性が生み出す“ディソナンス=不協和音”は次第に周囲の人間関係にひずみを生み、破滅へと向かい始めます。

引用元:フジテレビ

セカンドパートナーとしての結びつきを守りきれず、不倫関係となってしまうことが予想されますね。

【純愛ディソナンス】最終回ネタバレと結末予想まとめ

今回は、7月スタートの中島裕翔さん(Hey!Sɑy!JUMP)主演のドラマ「純愛ディソナンス」のネタバレを最終回までと結末予想を紹介しました。

新たな情報が入り次第追記していきますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

目次
閉じる