MENU

競争の番人とは意味は?タイトルの言葉の意味を解説

競争の番人 意味

競争の番人の意味とは?タイトルの言葉の意味を解説

2022年夏の月9ドラマとして、杏さんと坂口健太郎さんのW主演で競争の番人がスタートします。

杏さんが7年ぶりの月9主演ということや、2期連続となる新川帆立さん脚本作品ということで大きな注目を集めています。

普段私達の生活には馴染みのない公正取引委員会舞台となっていることや、タイトルの競争の番人が何を意味するのか気になりますよね。

今回は、競争の番人の意味とは?タイトルの言葉の意味を解説します。

目次
スポンサーリンク

競争の番人とは意味は?


ドラマ競争の番人は、元刑事で感情のままに行動する白熊楓と東大を主席で卒業した天才の小勝負勉の凸凹コンビが公正取引委員会を舞台に活躍していくストーリーになっています。

多くの方が一度は耳にしたことがある公正取引委員会ですが、どのような行政機関なのかピンとこない方が多くいるんじゃないでしょうか?

公正取引委員会が舞台になっている競争の番人ですが、タイトルの競争の番人にはどのような言葉の意味も公正取引委員会の仕事を知らなければ分かりづらいですよね。

公正取引委員会の仕事というのは、激化する競争社会の現代で不正な手段を用いて利益を得ようする企業を見つけ出し是正させる機関になります。

競争の番人 意味

とても素晴らしい商品があって、それを企業が単独で販売しているとすると価格はその企業が自由につけれることになってしまいます。

それは不当な価格設定になりかねない場合があるため、公正取引委員会によって単独で販売を禁止させることができたりするんです!

このように、公正取引委員会には企業が正しく競争することができるように見守る役割があります。

そのことから、タイトルにある競争の番人という言葉の意味はまさに公正取引委員会を表現するにはピッタリの言葉になっています!


競争の番人の舞台公正取引委員会とは独占禁止法を運用する機関のこと


競争の番人の舞台となっている公正取引委員会には、正しく競争させるべく『独占禁止法』という法律を運用する機関になっています。

例を上げるなら、メーカーが小売希望価格での販売を強制することや入札の際に価格が一定額から下がらないように談合したりすることなどが挙げられます。

本来正しい競争をさせるためには、企業の努力や商品の調達経路などを工夫することが大切になっています。

小さな企業であればあるほどその工夫によって大きな利益を得られるはずなのですが、大きな企業のそうした圧力によって利益を阻害されることを禁止するのが独占禁止法です。

公正取引委員会は、独占禁止法を駆使することによって企業に正しい競争をさせることや消費者に多くの選択を与えるために番人として競争の場に目を光らせている機関になります。

競争の番人の意味は自由で公正な競争の場を守ること

競争の番人 意味

公正取引委員会とは、独占禁止法を運用することで自由で公正な競争の場を守ることを目標として掲げています。

ドラマのタイトルである競争の番人とは、不正のない自由な競争をさせるための番人という意味が込められています。

ドラマでも、企業の不正に対して杏さん演じる白熊楓と坂口健太郎さん演じる小勝負勉が競争の番人として活躍するようで楽しみですね!

競争の番人キャスト相関図はこちら>>

競争の番人の意味まとめ

競争の番人のタイトルの言葉の意味について解説しました。

公正取引委員会という馴染みのない行政機関が舞台となっていますが、その仕事の内容は私達の消費生活にも大きく影響していることがわかりました!

正しく競争をさせることで、消費者である私達がより良いものを購入できるようになったり企業がより良いものを作り出すことができるようになっているんですね。

杏さんと坂口健太郎さんがどのような番人としての仕事ぶりを見せてくれるのか、2人の活躍に注目していきたいですね。

競争の番人の原作ネタバレと結末はこちら>>

スポンサーリンク

目次
閉じる