MENU

イビサクリームは正中線ケアに使える?妊娠線とは違うので注意!

イビサクリーム 正中線

イビサクリームは正中線ケアに使える?妊娠線とは違うので注意!

黒ずみケアができるイビサクリームで正中線のケアができるって本当でしょうか?

結論から言うと、イビサクリームは正中線のケアとして使うことができます。

正中線とはメラニン色素が沈着してできた黒ずみであるため、全身の黒ずみケアとして使えるイビサクリームでケアが可能です。

しかし正中線は妊娠線とは違うので、妊娠線のケアには使用することができませんので注意が必要!

今回は、イビサクリームは正中線ケアができる?妊娠線とは違うので注意!について解説します。

↓↓↓

\最安値で安心/

※送料無料+最大30%オフ

目次
スポンサーリンク

イビサクリームは正中線ケアができる?妊娠線とは違うので注意!

イビサクリームは正中線のケアができるのか、妊娠線はケアできるのか違いを解説しますね。

イビサクリームは正中線のケアができる?

イビサクリームは正中線ケアとして使うことができます。

正中線とは
妊娠するとへそを中心とした恥骨の下まで浮かび上がる1本の黒い縦線のこと

お腹が大きくなってくると徐々に目立ち始める正中線。

正中線の濃さは人にもよるのですが、だいたい妊娠5〜6ヶ月頃から現れやすくなってきます。

実は正中線は妊娠前から存在しており、また女性だけでなく男性にももともとある線なんですね。

しかし女性は妊娠によってお腹が大きくなるため、皮膚が薄くなって正中線がだんだんと目立つように。

また妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、メラニン色素が通常以上に分泌されだんだんと黒ずんでいくというわけです。

この黒ずみはイビサクリームでケアできるメラニンなので、全身に使えるイビサクリームで正中線ケアが可能と言うことになります。

イビサクリームは妊娠線のケアはできない

一方でイビサクリームは妊娠線のケアとして使うことはできません。

妊娠線とは
妊娠することで急激に皮膚が伸びることで起こる肉割れ線のこと

妊娠線はできてしまうと薄くすることはできても消すことができないと言われています。

イビサクリームがケアできるくすみの元であるメラニンとは異なる条件でできた線になるため、イビサクリームを使っても妊娠線のケアはできません。

しかしイビサクリームは保湿の効果があるので、保湿剤として妊娠線の予防ケアとして使用する方法なら取り入れられるかもしれませんね。

イビサクリームで正中線ケアするのにおすすめな人

実は正中線は時間とともに薄くなって自然となくなると言われています。

妊娠中のホルモンバランスが出産によって正常に戻り、メラニンの分泌も通常に戻って行くからです。

しかし正中線が薄くなる期間は人によって異なり長い人では2年程。

できるだけ早く正中線を薄くしたい・・・

このように正中線がなかなかなくならないからケアしたいという人にはイビサクリームがピッタリかもしれませんね。

スポンサーリンク

イビサクリームで正中線ケアするときのポイント

イビサクリームで正中線のケアするときのポイントは二つ!

  1. イビサクリームでしっかりと保湿する
  2. イビサクリームでメラニン色素の生成を抑えつつ新陳代謝を促す

基本的に、イビサクリームは妊娠中から産後まで使用することができます。

正中線は強くで過ぎてしまうと消えるのが遅い可能性もありますので、正中線を防ぐためにしっかりとイビサクリームで保湿しましょう。

イビサクリームには保湿成分もたっぷり!くすみの原因となる乾燥を防ぐことでメラニンを抑制しましょう。

保湿に加え、イビサクリームで肌の新陳代謝を促すことで肌のターンオーバーを整えます。

またイビサクリームはメラニンの生成を抑えることもできるため、

肌のコンディションを整えつつ、新陳代謝によって皮膚を頻繁に生まれ変わらせることにより、汚れの蓄積や古い角質によるくすみを目立たなくすることができるというわけです。

↓↓↓

\最安値で安心/

※送料無料+最大30%オフ

イビサクリームは正中線ケアに使えるかまとめ

今回は、イビサクリームは正中線ケアに使えるか妊娠線とは違うか注意についてまとめました。

イビサクリームはメラニンの生成を抑えることで正中線ケアに使用できることが分かりましたね。

しかし妊娠線は肉割れでできた線なので、保湿としての予防として使う程度がおすすめ。

是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

目次
閉じる