MENU

星降る夜にの原作は漫画や韓国ドラマ?ネタバレとあらすじを最終回・結末まで!

星降る夜に 原作 ネタバレ

星降る夜にの原作は漫画や韓国ドラマ?ネタバレとあらすじを最終回・結末まで!

年下の彼とのラブストーリー「星降る夜に」(テレビ朝日毎週火曜21時〜)が2023年1月から放送されます。

吉高由里子さん主演の大人のピュアラブストーリーなんて、もうすでにはまりそうな予感がします。

「星降る夜に」はどこかで聞いたことがあるようなタイトルですが、漫画や小説・韓国ドラマなどの原作はありません。

脚本家・大石静さんの完全ドラマオリジナルです。

すでに多くの名作を生み出している大石静さんですから、「星降る夜に」にも期待は高まりますよね。

今回は星降る夜にの原作は漫画?ネタバレ最終回と結末までのあらすじを詳しくお伝えします。

目次
スポンサーリンク

【星降る夜に】の原作は漫画や小説・韓国ドラマ?脚本家は?


社会での女性の立場に息苦しさや孤独を感じていた主人公は、10歳下の男性からの不意のキスで恋に落ちます。

そんな大人の恋愛ドラマ「星降る夜に」の原作や脚本家について調べてみました。

【星降る夜に】は原作なしのドラマオリジナル脚本

ドラマ「星降る夜に」は原作となる漫画や小説・韓国ドラマがない、脚本家大石静さんによる完全なるドラマオリジナル作品です。

感情を忘れて孤独に生きる産婦人科医と音のない世界で自由に生きる遺品整理士の、星降る夜に紡ぐ大人のラブストーリーです。

【星降る夜に】の脚本家情報


ゆっくり空を見上げることの少ない大人には、ちょっとロマンティックなタイトルですよね。

そんなドラマ「星降る夜に」の脚本家は大石静さんです。

著名文士等の隠れ家的な旅館「駿台荘」で養母に育てられ、隣に住む実母の家と行き来をしながら成長しました。

そして日本女子大学卒業後は女優志望で青年座研究所に入所します。

24歳で甲状腺癌を発病しますが舞台監督と結婚、その後脚本家の宮川一郎に師事して脚本も学びます。

劇団「二兎社」を設立し女優と脚本を交互に担当していましたが、「水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策」で本格的な脚本家デビューを果たしました。

脚本に専念するために俳優を廃業し二兎社を退団、その後は脚本家として目覚ましい活躍をされます。

2024年大河ドラマ「光る君へ」の脚本も決まり、その仕事ぶりにますます注目が集まっています。

脚本家大石静のプロフィールと経歴
  • 1951年9月15日生まれ 
  • 東京都出身 脚本家
  • 日本女子大学文学部国文学科卒業
  • 「水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策」で本格的に脚本家デビュー
  • 主な作品「セカンドバージン」「恋する母たち」「あのときキスしておけば」等
  • 東京ドラマアウォード2011 脚本賞(「セカンドバージン」)

大石静さんコメント

貴島Pは学生時代に手話サークルに所属されていた経験があり、長い間温めてこられた企画だそうです。私もそれから取材をしたり、音のない世界を経験したりしながら、一緒に物語を作ってゆきました。(中略)固定観念を鮮やかに飛び超える、10歳年下の青年との出会いによって、ヒロインも閉ざしていた心を次第に解放させ、自分らしさを取り戻してゆきます。 “命の始まりと終わり”を司る産婦人科医と遺品整理士の、星降る夜の宿命の出会い、そして恋。テレビ朝日火曜9時の“新枠”ということで、2023年幕開けにふさわしい記念すべきドラマとなるよう、頑張ります。このドラマが提示する新しい価値観が、日本の中だけでなく、国境を越えて世界中の方に届くことを祈りながら…。どうぞ、ご期待下さい。

星降る夜に公式サイト

【星降る夜に】ネタバレとあらすじを最終回まで!

のどかな海街の病院で働く産婦人科医・雪宮鈴(ゆきみや・すず〈35歳〉)は、息抜きで来たソロキャンプである青年と出会います。

自分に向かってカメラのシャッターを無言で切る彼は、遺品整理士として働く柊一星(ひいらぎ・いっせい〈25歳〉)。

しかもいきなり鈴にキスをしますが、鈴は酔っ払って記憶がありません。

翌朝手話を使う一星を見て、聴覚に障害があるのだとわかります。

でもこの出会いがお互いにとって運命の出会いとなり本能の恋へと二人は動き出していきます。

理屈や常識、世の中にはびこるさまざまな既成概念をすべてひっくりかえす、大人のピュアラブストーリーです。

ここからは、「星降る夜に」ネタバレとあらすじを最終回まで1話から一挙紹介!

星降る夜にのキャスト相関図はこちら>>

【星降る夜に】1話ネタバレとあらすじ

1話ネタバレ

  • 放送後追記します
1話の詳しいネタバレ

放送後追記します。

放送後追記します。

【星降る夜に】2話ネタバレとあらすじ

2話ネタバレ

  • 放送後追記します

放送後追記します。

【星降る夜に】3話ネタバレとあらすじ

3話ネタバレ

  • 放送後追記します

放送後追記します。

【星降る夜に】4話ネタバレとあらすじ

4話ネタバレ

  • 放送後追記します

放送後追記します。

【星降る夜に】5話ネタバレとあらすじ

5話ネタバレ

  • 放送後追記します

放送後追記します。

スポンサーリンク

【星降る夜に】のネタバレ最終回と結末予想!

「星降る夜に」の脚本は完全ドラマオリジナルです。

今まで数々のラブストーリーを生み出してきた大石静さんですから、きっと胸がキュンとなる結末だと思います。

聴覚に障害があることや年の差10歳、産婦人科医と遺品整理士という二人の職業などいろんな要素が含まれています。

それらをヒントに、最終回と結末予想をしてみました。

結末予想①自分らしさを取り戻す最終回

主人公雪宮鈴(ゆきみや・すず)は産婦人科医という本来とてもやりがいのある職業です。

大学病院で働いていたこともありましたが、次第に熱意も失い弱音も吐けず窮屈で息苦しい毎日を過ごしていました。

そんな時に出会ったのがストレートで素直な柊一星(ひいらぎ・いっせい)でした。

聴覚に障害を持つ一星は、一目惚れをした鈴にあらゆる方法でまっすぐ感情をぶつけてきます。

映画鑑賞にキャンプやカメラなど多趣味な上、高校卒業後海外でヒッチハイク旅を楽しみ世界中に友達がいる一星。

音のない世界で生きていてもこれほど自由で明るくフラットな彼を見て、鈴は自分を省みます。

社会的に地位やお金を手にした女性は疎まれたり陥れられたりして、誰も信頼できない自分になっていました。

社会からの圧力や刷り込みに毒されていた自分を本当の意味で解放し、一星と二人自由に生きることを選びます。

偏見や猜疑心を持たず患者ひとりひとりと向き合い、命の誕生を心から喜ぶ産婦人科医として鈴は生まれ変わります。

最後は自分も妊婦さんになって一星と幸せになるという最終回です。

結末予想②今にフォーカスして生きる最終回

鈴はもともとは大学病院に勤務していて、実はある医療事故がきっかけで医療裁判を抱えています。

そして一星は鈴との出会いの後、仕事で遺族に遺品を届けに行った先で鈴とまさかの再会をします。

この遺族が医療事故の被害者で、鈴が謝罪か和解の申し入れに来ていたのではないでしょうか。

この医療事故のせいで鈴は大学病院を辞め、それ以来表面的にしか人間関係を築けなくなってしまったのです。

感情表現が豊かで明るく陽気でおしゃべりな一星は、鈴にとって衝撃的な相手です。

自由奔放に人生を謳歌しコンプレックスもない生き方は眩しすぎて、最初はとても心を開くことができません。

でも真っすぐで嘘のない一星といることで、自分の過去も一星の思いも受け止めることができるようになっていきます。

命の誕生に立ち会う鈴と終えた命のかけらを見つめる一星は、人の一生の最初と最後に関わる仕事です。

今自分が好きな人、今本当にやりたいこと、今話したいこと、あらゆる今この瞬間を見つめて素直になることを選びます。

そして最終的には今本当に医療を必要としている国で鈴が働き、それを一星がしっかりサポートしているという最終回です。

【星降る夜に】ネタバレ最終回と結末予想まとめ

今回は、星降る夜にの原作は漫画?ネタバレ最終回と結末までのあらすじを詳しくお伝えしました。

大石静さんは2020年「知らなくていいコト」で吉高由里子さん主演のドラマを手掛けています。

そして2024年の大河ドラマ「光る君へ」でもタッグを組むという抜群の相性です。

そこに北村匠海くんという最高の布陣で臨むのですから、恋愛ドラマの最高傑作間違いなしですね!

年明け早々ピュアなラブストーリーにどっぷりハマりたい方はぜひオススメです!

スポンサーリンク

目次