MENU

チョコザップとエニタイムどっちがいいの?違いを比較!

チョコザップ エニタイム どっち

チョコザップとエニタイムどっちがいいの?違いを比較!

チョコザップとエニタイムどっちがいいのか迷いますよね。

チョコザップとエニタイムは共に24時間365日利用できるスポーツジムです。

チョコザップとエニタイムを比べてみて、どっちがお得でどっちが自分に合っているのか悩むところだと思います。

この記事では、チョコザップとエニタイムを「料金」「設備」「マシン」の3つの項目で比較し、どっちがおすすめか解説します。

↓↓↓

\今なら体重計とスマートウォッチがもらえる!

※ジムもセルフエステも24時間使い放題

目次

チョコザップとエニタイムどっちがいいの?違いを比較!

チョコザップとエニタイムどっちがいいのか違いを比較しました。

チョコザップとエニタイムは共に24時間365日利用できるスポーツジムです。

結論としては、チョコザップは費用が安くエニタイムは設備が充実しているという良さがあるため、ジム初心者が体を動かす習慣をつけたい場合にはチョコザップ、既にトレーニングが習慣化している人はエニタイムがおすすめです。

チョコザップエニタイム
月額料金2,980円
(税込み3,278円)
8,000円前後
(店舗によって異なる)
営業時間24時間24時間
定休日なしなし
設備トレーニングマシンのみトレーニングマシンのみ
スタッフ無人時間帯による
店舗数90店舗1002店舗
初期費用5,000円5,500円
支払方法クレジットカードのみクレジットカード
口座振込
チョコザップとエニタイムの比較

チョコザップとエニタイムの料金を比較!

チョコザップ エニタイム

チョコザップとエニタイムの料金を比較しました。

安いのはどっち?⇨月額費用、入会金共にチョコザップの方が安いです!

チョコザップエニタイム
月額料金2,980円
(税込み3,278円)
8000円前後
(店舗によって異なる)
初期費用5,000円
(入会金+事務手数料)
5,500
(セキュリティキー発行手数料)
支払方法クレジットカードのみクレジットカード
口座振込
チョコザップとエニタイムの料金の比較

チョコザップの月額料金は2,980円(税込み3,278円)であり、初月からずっと変わりません。

一方でエニタイムの月額料金は店舗ごとに異なり、平均で8000円程度になります。

エニタイムの月額料金が変わる理由は店舗ごとで設備・サービスが異なるためです。

エニタイムはチョコザップと同様入会した後はどの店舗にも通い放題ですが、エニタイムはどの店舗にたくさん通ったかで月会費が変わります。

また入会金に関しては、チョコザップは入会金が3000円、事務手数料が2000円の合計5000円が初期費用としてかかります。

一方エニタイムは入会金はかかりませんが、セキュリティキー発行手数料として5,500円初期費用としてかかります。

料金だけで比較すると、チョコザップの方が費用を安く抑えることができますね。

ちなみに支払方法はチョコザップはアプリでクレジットカードを登録するだけで自動引き落としです。

エニタイムはクレジットカードか口座振込か選ぶことができますよ。

チョコザップとエニタイムの設備を比較!

チョコザップ エニタイム

チョコザップとエニタイムの設備を比較しました。

設備が充実しているのはどっち?⇨エニタイムの方が充実しています!

◯=全店舗導入、△=店舗による、×=全店舗なし

チョコザップエニタイム
オープンロッカー
鍵付きロッカー×
トイレ
更衣室
ストレッチスペース
セルフエステ・脱毛ルーム×
個室シャワールーム×
パーソナルトレーナー×
無料Wi-fi
駐車場・駐輪場×
タンニングマシン×
水素水サーバー×
自動販売機×
プロテインバー×
チョコザップとエニタイムの設備の比較

チョコザップとエニタイムの設備を比較してみると、設備が充実しているのはエニタイムです。

チョコザップには最低限の設備はあるものの、「5分だけ手軽に運動」をコンセプトとしているためシャワーがありません。

短時間でささっとトレーニングするのには向いていそうですが、長い時間しっかりとトレーニングをしたいならエニタイムの方が快適であるといえるでしょう。

チョコザップは駅近に立地している場合が多いため、駐車場や駐輪場がないのも不便に感じる人はいるかもしれませんね。

チョコザップとエニタイムのマシンを比較!

チョコザップ エニタイム

チョコザップとエニタイムのマシンを一覧で比較しました。

マシンが充実しているのはどっち?⇨エニタイムの方が充実しています!

チョコザップのマシン一覧
  • ショルダープレス
  • チェストプレス
  • バイセップスカール
  • レッグプレス
  • アダクション
  • アブダクション
  • 腹筋マシン
  • トレッドミル
  • クロスバイク

※店舗によってはない場合があります

エニタイムのマシン
  • ベンチプレス
  • スミスマシン
  • ダンベル&リーディングエッジ
  • ケーブルマシン
  • チェストプレス
  • レッグプレス
  • ペクトルフライ&リアデルトイド
  • トーソローテーション
  • レッグエクステンション
  • レッグカール
  • ロー
  • アブドミナル
  • ヒップアブダクション
  • ケーブルクロス
  • ルームランナー
  • クロストレーナー
  • バイク
  • 背筋マシン
  • 腹筋マシン
  • チンニング(懸垂)
  • マット(ストレッチポール)

※店舗によってはない場合があります

チョコザップとエニタイムのマシンを一覧で比較してみると、マシンもエニタイムの方が豊富であることが分かります。

一見エニタイムが良いようにも見えますが、本格的にトレーニングをする人以外はこの量のマシンを使いこなすのは難しそうです。

もしエニタイムで使用するマシンが決まっていてそれがチョコザップにもあるならチョコザップに変えても良さそうですし、初心者ならチョコザップで十分基本的なトレー二ングはできそうですよね。

チョコザップで体を動かす習慣を作り、慣れたらエニタイムで本格的にトレー二ングをするという流れもおすすめです。

チョコザップとエニタイムはどっちがいい?みんなのおすすめは?

チョコザップとエニタイムはどっちがいいか、みんなの声を集めてみました。

チョコザップがいい!

初心者にはチョコザップで十分!

チョコザップは簡易的なジム

チョコザップで習慣化してエニタイムに行くのもあり

チョコザップにはガチ勢がいなくて気楽

チョコザップは安い!

チョコザップを体験してきました!!!口コミはこちら>>

エニタイムがいい!

マシンが多いから絶対エニタイム!

エニタイムはシャワーに直行できるのがいい

ダンベルやりたいからエニタイム

チョコザップとエニタイムはどっちがいいか比較まとめ

今回は、チョコザップとエニタイムはどっちがいいか比較し紹介しました。

結論として、

  • 費用を安く抑えたいならチョコザップ
  • しっかりした設備でトレーニングするならエニタイム
  • スポーツジム初心者ならチョコザップ
  • トレーニング上級者ならエニタイム

がおすすめです!

是非使ってみてくださいね。

↓↓↓

\今なら体重計とスマートウォッチがもらえる!

※ジムもセルフエステも24時間使い放題

目次
閉じる